教室の風景 2

(以前に開催した教室の模様を、スタッフがレポートしたものを転載しております。)


こんにちは、トレーナーKです!

 「わくわく!プログラミングたいけんきょうしつ!」をオレンジインターナショナルプリスクール様の主催において、企画・実施いたしました。これまでにご参加いただいた方々からのフィードバックをもとに考えた新しい試みを取り入れたところ、とても反響がよく、子どもたちも積極的に参加してくれました!

 プログラミングを早い段階から学ぶ意義については賛否両論がありますが、個人的にはプログラミングというものが近い将来、英語と同等の必須スキルになると考えております。それはプログラミングを学ぶことで以下の3つの力が鍛えられるからです。

①論理的思考力
②問題解決能力
③創造力

 論理的思考力に関する話題としては、安倍政権の教育改革により勉強そのものが知識型から論理思考型に移行していく方針が発表され、プログラミングも一つの科目として義務教育化されることが決定しています。問題解決能力は、1カ所でも欠陥があれば正常に作動しないプログラミングに対し、トライ&エラーを繰り返しながら、自ら問題点を発見し、解決策を考えることで身に付きます。創造力は、自由な発想でプログラミングを構築することにより、新しいアイデアを膨らませるきっかけになったり、今までになかった新しい商品やサービスを生み出す原動力になります。いずれも社会で必要とされている力であると言えるでしょう!

 今後もたくさんの子供たち、そしてご両親にプログラミングの楽しさを伝えていけたらと思います。次回の「わくわく!プログラミングたいけんきょうしつ!」も楽しみにしております!